年収はリフォーム

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 悪徳業者を避けるための方法

悪徳業者を避けるための方法

ローン完済前に家を売却する場合は、当たり前ですがその住宅ローンを完済した時点から売却の運びとなります。

 

ただ、完済できないまま住宅を手放さなければならない時にはよく任意売却と言われている制度を利用するといいでしょう。

 

当該物件の売却で得た金銭は残債返済に最も優先的に充てると確約することで、金融機関から特例として売却許可を取り付けます。

 

売却益を充てても完済できない場合、債務が残り、逆に残債を上回る価格で売れたら現金が残ります。

 

いまの時代、節税や夫婦共働きなどの関係で、共有名義でローンを組んで自宅を購入するケースが昔より増えています。

 

その一方で名義を共同にする弊害もあります。

 

共有名義となっている家を売却するにあたっては、所有者全員の同意が必要なのです。

 

売却理由が離婚だったりすると、資産面での夫婦間の取り決めがなされてないと、家の売却もままならず、深刻なトラブルを招きかねません。

 

一番よくある不動産物件を売る時の失敗は不動産業者の選び間違いでしょう。

 

誠実な業者がいる反面、不誠実な業者も少なくありません。

 

査定の価格が相場に合致していないものだったり、物件を売ろうという意欲がなかったり、過剰に宣伝を行い、ありえない広告費を請求したりと被害の実例は想像もつかないほど多様化しているのです。

 

悪徳業者を避けるための方法は、最初からいくつかの仲介業者と連絡をとって総合的に判断して選んでください。

TBC予約